電動空気入れ KUKiiRE

電動空気入れ【KUKiiRE】で、面倒な自転車の空気入れ作業から解放!

こんにちは、ゆらです。

自転車の空気って、たいてい出発直前に「入れなきゃ!!」ってなりがち。あわてているので、焦って空気入れのレバーで指を挟んだり、バルブにうまく接続できなかったり。。やっと繋いで、そこからが本番、本気のポンピングです!!

ゆら
出かける前にぐったり。。自転車ショップみたいに、電動があれば。。

そんな中、目が止まったのが今回購入したKUKiiRE。【KUKiiRE】スマート空気入れ。



注文から到着まで、1ヶ月かかりました。。楽天でもリアルタイムランキングでNo.1を獲得。かなり売れているようです。大容量とコンパクトさを両立した4000mAhのバッテリーが搭載され、ハイパワーでロードにも余裕で対応。日本の会社の製品なのでHPも読みやすく、30日間の返品保証があるので安心感があります。

【KUKiiRE】公式HPはこちら!

ゆら
実際に使用した使い勝手と感想を詳しく紹介しますね!
広告

電動空気入れ【KUKiiRE】セット内容

以下が送られてきた本体と付属品です。

KUKiiRE 本体 付属品

左上から、
● 英式武バルブ用アダプタ
● 浮き輪用アダプタ
● 仏式バルブ用アダプタ
● ボール用アダプタ
● 充電ケーブル(USBータイプC)
● 本体
● 収納ケース
本体には、米式アダプタがついたエアホースが内臓されています。このエアホースの米式アダプタに、添付されている各種アダプタを接続して使用します。

次に、保証書関連は以下の通りです。

KUKiiRE 保証書等書類

左から、
● キャンペーン案内
● 操作しおり
● 説明書(保証書付き)
● 代表からのお手紙(商品についてのアツい想いが綴られています)
なかなか、丁寧な添付文書です。

ゆら

キャンペーンの内容を確認しておきましょう!

① 保証期間2倍キャンペーン:公式LINEを友達追加すると、保証期間が通常の6ヶ月から2倍の1年に延長される。
② 投稿キャンペーン:SNSに投稿すると、プレゼントがもらえる!

①は、必ず申し込みましょう!LINE登録しておくと、質問もしやすいのでとても便利です。なお、②のプレゼントは、在庫がなくなると終了するとのことです。

ゆら

プレゼントはスマホなどが充電できるワイヤスレス充電器。私は早速、応募いたしました!

 

 

【KUKiiRE】メリット3点

電動の空気れの中でも、特にKUKiiREが優れているメリットが3つありました。

ゆら
KUKiiREを選んだ決め手とも言えます。

コンパクトなのにパワフル!

片手で持てるコンパクトサイズながら、家族の自転車まとめて空気を入れることもできるハイパワーがあります。具体的には、

● フル充電で20本のタイヤに充填可能
● ロードタイヤの高圧にも対応(最大空気圧150PSI)

電動の割に騒音が抑えられている

電動空気入れは基本的に大きな音がしますが、他の商品と比較すると、65デシベルと、低めに抑えられています。どれ位の音量かと言うと、掃除機並み。日中なら良いですが、さすがに夜間は注意が必要ですね。

安心の日本メーカー、30日間の返品保証あり!

製造は中国ですが、日本の会社の商品です。説明書がしっかりついていて読みやすいので安心です。問い合わせもLINEから出来て、スピーディーかつていねいに対応してくれます。また、30日間の返品保証がついているので、まずは気楽に試してみることができます!



 

スマート空気入れ「KUKiiRE」の商品情報

それでは、KUKiiREのスペックを確認しておきましょう!

販売会社株式会社 TradeFK Japan
価格(税込)7,980円
製品サイズH153 × W60 × D39mm
製品重量 433g
対応アダプタ仏式、米式、英式
対応商品自転車、バイク、車、ボール、浮き輪
バッテリー容量4,000mAh
最大空気圧150PSI
充電ケーブルUSB typeC
動作音65dB
ゆら
コンパクトサイズながら、3種類のバルブのアダプターに対応。自転車、バイク、クルマ、ボール、浮き輪など、幅広く使えます!

ロードに空気を入れてみた

それでは、実際に使った様子を手順に添ってレポートします!

❶ 本体上部からエアホースを引き上げ、電源をオンします。真っ黒だった液晶が点灯します。

KUKiiRE 電源オン
❷ 抜き取ったエアホースを、本体に接続します。ネジ式で時計回りに回します。
KUUKiiRE エアホース 接続
❸ タイヤに移ります。仏式バルブアダプターを、タイヤのバルブに取り付けます。ネジ式、時計回りです。その前に、フレンチバルブの先端はいつものように緩めて、「プシュッ」としておきます。
フレンチバルブ 電動空気入れアダプタ
❹ 仏式アダプターに、エアホースを取り付けます。ネジ式、時計回りです。
KUUKiiRE タイヤ 接続
❺ モードボタン(M)を押して自転車モードを選択し、プラスボタン(+)で空気圧を設定します。今回は100PSIに設定。空気圧はタイヤサイドに表記されているので確認しましょう。
KUUKiiRE 液晶 設定画面
ゆら
これで準備OK、あとは5つのボタンの真ん中にあるスタートボタンを押すだけ!
ゆら
40秒ほどで100PSIに到達!設定した空気圧に達したら、自動的に止まります!

電動空気入れ【KUKiiRE】使ってみて良かったところ3点

設置するまでが大変でしたが、逆に言えば作業はそこまで!スタートボタンを押したらあとはお任せ。これには感動しました!慣れれば、本当にサクッと空気が入れられそうな予感です!実際使ってみて感じたメリットを具体的に挙げてみます。

設定した空気圧で、自動的に止まってくれる!

電動空気入れ 空気圧設定

手動の空気入れだと、全体重をかけてハンドルを何度も押し込まなければならないのに、KUKiiREだと、ボタンを押すだけ!そして自動的に止まってくれるのもありがたい!

バルブにネジで締め込むので、確実にバルブに装着できる

電動空気入れ タイヤ 接続

手動の空気入れだと、バルブに固定する際、レバー操作が必要です。これが結構固い!その上、グラグラしやすく、ちゃんと取り付けられているか、いつも少し不安です。ところがKUKiiREはネジ式なのでとてもシンプル。迷わなくて済むのが地味にうれしいです。

コンパクトなので、駐輪場に持って行きやすい!

KUKiiRE 持ち運び 手の中

駐輪場に止めているクロスバイク、ついつい空気入れが疎かになります。手動の空気入れはかさばるし重くて、「今度入れよう!」となりがち。KUKiiREなら、片手でヒョイっと持って行けます。出発前に空気を入れて、KUKiiREは取り敢えずポストにしまって、帰ったときに回収することも可能です!

 

電動空気入れ【KUKiiRE】使ってみて今ひとつだったところ3点

実際に使ってみて、改善されたら良いなと感じた点もありました。

仏式バルブはコツが要る

フレンチバルブコア 電動空気入れ仏式アダプタ 結合

バルブへの取り付けがねじ込み式のため、取り付け方が分かりやすい反面、取り外すときに、「ブルブコア」と呼ばれるバルブの芯に当たる部分を、仏式アダプターと一緒に外してしまうことがあります。そうなると、アダプターとバルブコアが繋がったまま、勢いよく「ポン!」と飛んで行ってしまい、空気がすべて抜けてしまいます。上の写真が、仏式バルブを外そうとして、バルブコアも一緒に外してしまった状態です。

ゆら
まずは、「バルブコア」がしっかと締まっていることを確認してから、仏式アダプターを取り付ければOKです!

液晶スイッチを誤作動させやすい

電動空気入れ 液晶画面

タッチパネル式なので、誤って触って締まってスイッチが押された状態になることがあります。初めてのとき、空気圧の設定をしていて、知らないうちにモーターを作動させてしまい、予期せぬ爆音にビックリしました!

操作途中に電源OFFしてしまうと再開するのが手間

電動空気入れ 電源オフ 自動

本体に収納されているエアホースを引き抜くと電源がON、元に戻すとOFFになります。ただ、3分間放置状態になると自動的に電源が切れてしまいます。するとエアホースを一度閉まって、再度取り出すしか方法がありません。まずは手順を頭に入れてからスタートすることが必要です。

 

ゆら
いずれも、慣れてしまえば大丈夫なので、最初だけのハードルと言えそうです。

スマート空気入れ「KUKiiRE」どこで買えるの?

公式HPから購入することができます。日本の会社なので、HPはとても分かりやすいです。操作方法やバルブ別の使い方動画など、知りたいことが細かく掲載されているので、ぜひ見に行ってみてください!


 

また、アマゾン、楽天市場でも購入することができます。価格はどこで買っても同じで、いずれも送料はかかりません。

電動空気入れで、面倒な空気入れ作業がラクになります!

電気空気入れ 自転車 タイヤ

改めて見ると本当にコンパクト。これでマッチョな仕事してくれるのだから、本当にありがたい!

ゆら
さらに、空気を入れる前の現在の空気圧も表示してくれます!

スマートな電動空気入れ【KUKiiRE】で、快適な自転車ライフを送ることができるのは間違いなさそうです。昔ながらの空気入れ、そろそろ卒業しちゃいましょう!

 

広告
電動空気入れ KUKiiRE
最新情報をチェックしよう!