GIANT サドルバッグ 低身長 バックル付き固定ベルト

【低身長の女性必見】ロードでサドルバッグがタイヤに擦らない5つの工夫!100均大活躍!

こんにちは、ゆらです。

今日はサドルバッグのお話です。うちにあるGIANTのサドルバッグ。マックスで9ℓの容量があります。

GIANT サドルバッグ

折り畳み自転車を旅・キャンプ仕様にしたくて購入しました。なんせ、サドルの後ろ側には、タイヤが小さいから、広大なスペースが広がっています!

GIANTサドルバッグ BD-1

自転車をたたんで輪行する時に、取り外したサドルバッグ を背負えるように、ショルダーストラップも自作しました!

GIANT サドルバッグ ショルダーストラップ

GIANT サドルバッグ ショルダーストラップ 自作作り方はこちらをご覧ください。自作と言っても、メッチャ簡単、切って、バックルを通すだけです。とてもオススメです!

合わせて読んでね!

自転車旅に憧れているスポチャリ乗りが、まず最初に考えるのは、「荷物をどうやって自転車に積めば良いのだろう?」と言うことではないでしょうか。そもそもスポーツタイプの自転車には荷物を積む場所がありません。(走ることが一番大事なので、前カゴとかリ[…]

GIANTサドルバッグ BD-1
ゆら

おかげで、自転車輪行通勤した時に大活躍しました!

けれども、さらなる大容量を求めて、リクセン化した30ℓのバックパックを取り付けられるようにしたので、このサドルバッグ 、お蔵入りとなっていました。

リクセン化 バックパック 自転車取り付け
シートポストにアダプターを取り付け、リクセン化した30リットルリュックを装着しています。
「リクセン化」とは、リクセンカウルのカバン着脱システム、「Klickfix」が使えるように、自分の好きなカバンに取り付け用のプレートを付け、リクセンカウルのアダプターに装着できるようにすることです。
「リクセン化」について詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ!
合わせて読んでね!

こんにちは、ゆらです。リュックの「リクセン化」のお話の【後編】です!いよいよ、大容量リュックに、リクセンカウルのエクステンダー対応のBASILアダプタープレートを設置する作業に入ります!まだ【前編】を読んでいない方は合わせて[…]

リクセン化 折り畳み自転車

さて、話を「お蔵入りしてしまったサドルバッグ」 に戻します。ロードにつけられるかどうか試して見たのですが、サドルとタイヤの距離が近いため、カバンの底面がタイヤに擦ってしまうのです。

ネットで調べて見ると、私くらいの身長(158cm)だと、カバンの根元の高さが10cm位でないと厳しいようです。

ゆら
小柄な人がロードやクロスでサドルバッグ を使うのは、中々難しいのです。。

ところが、どうやら高さが10cmほどの薄めのサドルバッグって、現状、あまり選択肢がないようです。

自転車から撤退してしまったドッペンギャンガーにはあったようですが、今では手に入りません。

ゆら
それなら、余計に手持ちのサドルバッグ 、なんとか使えないかしら??

低身長の人でも使えないものか、と色々と試行錯誤で工夫して見た結果、なんとかロードに設置成功!

その際、効果のあった5つの工夫ポイントがこちらです!

  1. 厚みを潰しながら固定する
  2. シートポストに固定する部分を、なるべく上部、サドルの近くにする
  3. シートレールに通して固定する紐を、左右交差して”X”にする
  4. 芯材を入れて、カバンが垂れないようにする
  5. バックル付き固定ベルトを追加し、カバン本体をシートレールに密着させる

この5つは、私が持っているGIANTのサドルバッグ で有効であることを確かめました。同じようなサドルバッグ であれば、低身長のローディーがサドルバッグ を使う際の参考になると思います!

それでは、具体的にご紹介して参ります!

広告

現状の確認

自転車とタイヤのクリアランス

身長158cm、フレームサイズは440。サドルレールからタイヤまでが17cmほど。

サドルからサドルレールの長さ

持っているサドルバッグ のサイズ

メーカーHPによると、42✖️16✖️19。実測して見ると、14~15cmくらい。

GIANT シートバッグ 高さ

このまま取り付けると、タイヤに接触してしまいます。

 

取り付け方を工夫して、走って見た!

実験1 サドルバッグ をタイヤに擦らないように設置

先ずは、取り付け方から。

  1. シートポストへの固定は、なるべく上部に、しっかりと固定する。
    GIANT サドルバック シートポスト 取り付け
    シートポストのなるべく上部に、バッグのベルクロをしっかりと巻きます。
  2. ①が下がらないように、干渉用のゴムを固定。
    どこでもケージホルダー ゴム ベルクロ
    「どこでもケージホルダー」の部品を使います。
    滑り止め ゴム
    ハンドルにボトルホルダーを取り付けるためのゴム
    どこでもケージホルダー 部品 ベルクロ
    付属のベルクロでしっかりと巻きます。

    どこでもケージホルダーは、フレームだけでなく、ハンドルやシートポストなどにもボトルケージを取り付けることができる商品です。

     ちょうど、手元にフレームやハンドル部分に取り付けるゴムと固定用のベルクロがあったので、利用して見ました。適当なゴムシートのようなものをベルクロで巻いても良いかもしれません。

     

  3. サドルレールの右側から通したバンドと、本体の左側についているバンドを止める。
    このとき、なるべくカバン本体をつぶす気持ちで、グッと引っ張って止めることが大事。

    GIANT サドルバッグ サドルレール取り付け
    このバックルが付いているヒモをサドルレールに通します。
    GIANT サドルバッグ サドルレール 固定
    止める相手は、反対の左側のヒモ!背面を通して右に持ってきます。
    背面を通してきた相手方をガチャっとはめます。

     

  4. 逆側も同じように固定する。
    GIANT サドルバッグ サドルレール 固定
    左側も同じようにクロスさせてガチャ。

    背面をクロスさせることで、しっかりとバッグ本体を持ち上げて固定することができます!

これで出発して見ます。GIANT シートバック 装着

10キロ、いつものサイクリングロードを走って見た結果はー。

見事に垂れてしまっています。重たい荷物が上の方にあったためと思われます。

GIANT シートバッグ 10キロ地点
10キロ地点。垂れて少しタイヤと擦れた跡がありました。

そして、意外とシートポストへの取り付け部分がしっかりと固定されたままです。これは収穫!

「垂れ」を解消すべく、取り付け直します。

GIANT サドルバッグ 再取り付け
サドルレール取り付け部分をしっかり引っ張って取り付け直します。
GIANT シートバッグ 背面
背面はキレイにクロスして、バッグを支えています。
ゆら

「カバンの垂れ」は、荷物の入れ方を変えて見ること、芯材を入れて見ることで解決できるのでは??

実験2 「垂れ」を解消するには?

  1. 重たいグッズ系のものを奥へ、軽い衣類を手前に入れ替える。
    GIANT サドルバッグ 中身
    バッグの中身。軽い衣服が奥のシートポスト側に、ロックや工具など、重いものが入り口付近に入っていました。

    入れる順序を逆にします。重いものを奥へ、軽いものを入り口付近へ。

  2. 芯材として、100均のまな板シートを挿入。キャンドゥ 100均 シート状 まな板

カバンの形に合うようにカットするつもりでしたが、差し込んでみると奥の方が良い感じで円錐形に丸まってくれて、上手く収まりました!

「シャキーン!」としています。再度、10キロ走って見ます。GIANT サドルバッグ 芯材 100均

10キロ走ったところ。GIANT サドルバッグ 100均一 芯材 重み ずれる

バッグの垂れは解消!

ただ、シートポスト取り付け部分がズレて下がったことにより、バッグ底部とタイヤのスペースが近づいてしまった。

ゆら
バッグの根元部分が重くなったので、シートポスト取り付け部分に影響が出たのでしょう。
シートポスト上部にバッグ本体をもっとしっかり固定しないといけません。そこで、またまた100均グッズを試して見ます!

実験3 シートポスト固定部分がずり落ちないようにする

  1. 100均の「バックル付き結束ベルト」で、カバン本体とサドルレールをキリキリっとしばって固定する。
    キャンドゥ 100均 固定ベルト ベルクロ
    キャンドゥで購入。
    固定テープ ベルクロ キャンドゥ
    実測で幅4cm、長さは97cm。バックルに通して、ベルクロで留めるので、しっかりと固定できます。

     

    このベルトで、サドルバッグ の擦りそうな場所と、サドルレールを密着させて固定します。

    固定ベルト サドルレール 本体 縛る
    100均の結束ベルトをサドルレールに通し、バッグ本体に回して強く引っ張って固定します。
    サドルレール 本体 縛る
    バックルを通して、ベルクロでしっかり固定。

タイヤとの間に、しっかりとしたスペースができています!

そして、10キロ走った後。GIANT サドルバッグ 固定バンド ロード 設置

タイヤとのクリアランスはしっかり保たれていました!もちろん、「垂れ」もありません!

ゆら
これは大成功です!
サドルバッグ を、シートポストの上部に固定させる力は、先ほどの「どこでもボトルケージ」の部品より、キャンドゥの「バックル付き結束ベルト」の方が、かなり優秀でした。「どこでもボトルケージ」はなくても良いかもしれません。

まとめ

今回の実験を通して、手持ちのGIANTサドルバッグ を、ロードで使える道が見つかりました!

入れるものの重さや走る距離、道の状態によって変化するでしょうから、まだまだ検証は必要ですが、現時点での工夫ポイントをまとめておきます。

シートポスト固定部分は、なるべく上部に、ズレないよう固定する。
シートレール取り付け部分は、取り付けベルトを背面で交差させることで、カバンが上手く持ち上がる。
カバンが垂れる場合は、100均のまな板シートを芯材に使おう。
最後は、別途、100均の結束ベルトで、とにかくカバンを持ち上げて、シートレールに密着させよう!

最後に、今回の荷物の総量は2キロほどで、本来の容量からするとまだまだ余裕があると思います。

ただ、今回はしっかり固定するために、サドルレールの取り付けを変則的な「Xスタイル」にしています。実際に試した訳ではないのですが、容量は少なくなるような気がします。

今回はここまでですが、低身長でサドルバッグ の使用を諦めている方の参考になれば幸いです!私は引き続き、色々と試してみようと思います。新しい情報があったら、またご紹介致しますね!

 

 

 

 

広告
GIANT サドルバッグ 低身長 バックル付き固定ベルト
最新情報をチェックしよう!