自転車空気入れ

フレンチバルブ、空気が入らない?初心者必見【入れ方の4つのコツ】

スポチャリを購入して、やらなければならない最初のメンテナンスが「タイヤに適正な空気を入れること」ではないでしょうか。

自転車店で購入した場合は、店員さんから空気の入れ方の説明は受けていると思います。でもね、その他にも色々と説明を受けるし、聞くのと自分でやってみるのとは違って、いざやってみようとして、「はてな?」状態になりやすいのが、この「空気を入れること」だと思います。

その理由は、今まで経験してきた空気入れの経験が、全く役に立たない。空気を入れるバルブ(タイヤチューブに付いている空気の入り口)の形状が、ママチャリ等の一般的な自転車とは別のタイプなんですね。

ここでは、初めてスポチャリの空気を入れようとする方が、疑問に思ったり、不安を感じることを全て解消して、正しく空気を入れられるようになることをゴールに、分かりやすく解説して行きたいと思います。読んで頂ければタイヤの空気圧の心配をすることなく、安全・快適なサイクリング楽しむことが出来ます!

 

広告

<フレンチバルブとは?>

一般的に、ママチャリ等の一般車は「英式」(洗濯バサミみたいなのでバルブを挟むタイプ)、マウンテンバイクは「米式」(車と同じ形式なので、ガソリンスタンドで入れてもらえるかも)、そしてロードバイクやクロスバイク等、スピード重視でタイヤが細いタイプの自転車は「仏式」。仏式は高圧に適しているので、スポチャリ(マウンテンバイクは除く)のバルブはほとんど仏式、「フレンチバルブ」が付いてる訳です。

自転車フレンチバルブ

3種類のバルブがあるということは、それぞれに対応した空気入れが必要ということになります。「フレンチバルブ」(仏式バルブ)に対応した空気入れを用意してくださいね。

ゆら
昔は空気入れのヘッド(口金)部分の部品を組み替えたりしていましたが、今はどの方式でもそのまま使える空気入れが、スポーツ自転車店で販売されています!

<フレンチバルブの空気の入れ方>

バルブが上に来るように車輪をセットする

なんとなく、バルブを下にして作業したくなるのですが、実は上に持って来るのが正解です。なぜなら、フレンチバルブは先端が繊細で、変な方向から力が加わると曲がってしまい、最悪破損してしまうこともあるから。実は上にある方が作業性が良いのです。

空気入れブルブは上に

 

タイヤを回して、バルブが上に来るようにセットして、作業を始めよう!

バルブ先端に付いてる「ネジ」を緩める

意外とここを緩めないまま空気を入れようする初心者が多いらしいです。 全部開いても外れてしまうことはないので、しっかり開けましょう!

フレンチバルブ緩める

バルブの「ネジ」は途中で止めずに全部開けてしまいまいましょう。

バルブの先端の「ネジ」を押し込んで、一瞬空気を抜く

緩めた「ネジ」の部分を、真っ直ぐに押し込みます。「プッシュッ!!」と、結構な音と勢いで空気が抜けるまで押し込んで、すぐに手を離してください。最初はちょっと怖いですが、こうして空気が抜ければ、逆にちゃんと入ってくれます。

フレンチバルブ押す前

フレンチバルブ押した後

 

ゆら
バルブが固着していることがあるので、空気の通り道を確保する訳ですね。

空気入れのヘッドをバルブにしっかりと装着する

さて、ここが重要かつ、最初は難く感じるところです。順を追って説明して行きますね!

まず、バルブに対して真っ直ぐに当たるようにヘッドの差込口を押し込みます。このとき空気が漏れても、気にせず奥までしっかり差し込んでください。奥まで行ったら、レバーを上げます。空気が漏れていなければ、装着OK!

もし、レバーを上げても空気が漏れるようなら、うまく装着出来ていないということなので、再度やり直してみてください。「真っ直ぐ、しっかり奥まで」がポイントです。

自転車空気入れヘッド固定

空気入れのヘッドは、バルブに対して真っ直ぐ、奥まで! そのとき、空気が漏れても気にしない! ヘッドのレバーをあげれば止まります。

 

タイヤの適正空気圧になるまで、空気を入れる

空気入れがちゃんと装着出来ていると、空気入れのメーターは、現在の空気圧の値を示しています。そこからタイヤに表記されている適正気圧まで、ファイトで空気入れのハンドルを押し込んでください!ストロークするごとにメーターの針が上がって行きますが、息も上がって行きます!ハンドルをしっかり上げて、フルストロークで圧に負けないように体重をかけて最後まで押し込みましょう!

空気入れメーター入れ始め

 

空気入れメーター入れた後

 

ゆら
ストロークしてもメーターが止まらずに下がってしまう場合は、空気が入っていません。一度取り外して、バルブの先端の「ネジ」を押して、「プシュッ!」としてみましょう。

 

参考までに、私が使っている「SERFAS」の空気入れに書いてある基準を表にしてみました。空気圧を表す単位が2種類あって、タイヤや空気入れのメーターに両方記載されています。ヨーロッパでは「bar」、アメリカでは「psi」が使われているそうです。日本で馴染みがあるのは「psi」のような気がします。自転車屋さんにはそちらで教えてもらいました。

そもそも空気圧はタイヤによって決まるので、車種で分けるものではないのかもしれません。正確にはお使いのタイヤで確認してくださいね。側面に刻印されています。(タイヤでも刻印でいいのかしら‥)

車種psibar
ロードバイク90~120psi6.2~8.3bar
クロスバイク65~95psi4.5~6.6bar
マウンテンバイク40~70psi2.8~4.8bar

 

 

ヘッドをバルブから取り外す

さあ、最後の難関です! と言っても別に難しくはないのですが、今でもなぜかちょっと緊張します。

まず、ヘッド部をグラグラしないようにしっかりと支えて、レバーを倒します。あわててレバーを倒すと、指をはさんでしまったりするので気をつけて!

空気入れヘッド取り外し

 

次は真っ直ぐヘッドを下に引き抜く。ねじったり、グリグリするのは厳禁です!親指で押し下げてあげるといいです。このときも「プシュッ!」と圧力がかかりますが、心配することはありません。

空気入れヘッド引き抜く

ヘッドのレバーを倒すことと、ヘッドをバルブから真っ直ぐ引き抜くことは2工程で。あわてず、ゆっくりやりましょう!

バルブを上にして作業をすると、最後にヘッドを引き抜く作業がとてもやり易いです。バルブを曲げたりおったりするトラブルも避けられるので本当にお勧めです!

あとは、最初に緩めた「ネジ」をしっかり締めて、キャップをしたら終了!お疲れさまでした!

空気入れ最後ネジ締め

 

空気を入れる重要性について

スポチャリにとって、適正な空気圧で走ることはとーっても重要なこと。空気が抜けた状態で走っていると、リム打ちパンク(段差を乗り越える際の衝撃で、車輪の枠(リム)にタイヤとチューブが挟まってしまい、パンクする)しやすくなるし、抵抗が高まって快適に走れなかったりします。

乗らずにいても空気は少しずつ抜けていきます。週末のライドが中心なら、毎回乗る前には空気を入れましょう。

 

空気入れの選び方

メーターのついたフロアポンプがお勧めです。その条件でも、非常に多くの空気入れがあります。ワンストロークで大量の空気が入れられるもの(パワーが必要)、逆にストロークが軽い分、回数で稼ぐタイプ(非力な女性向け)など、実際に自転車店で見てみると良いかと思います。試しに空気を入れることは出来ないかもしれませんが、ストロークのフィーリングは分かると思います。

最後に私が愛用している空気入れをご紹介します。

空気入れSARFAS F200

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーファス FP-200 フロア ポンプ 自転車 空気入れ
価格:3055円(税込、送料別) (2020/9/12時点)

楽天で購入

 

楽天市場はこちら。

SARFAS(サーファス) FP-200 ベストセラー空気入れです。

<気に入りポイント>

  1. メーターが上部についていて、とても見やすい。
  2. ストロークが軽い
  3. 本体が安定していて、ポンピングしやすい。

カラーも色々あって、選べるのがうれしいですね!

 

まとめ

今回ご紹介した【4つのコツ】は私が体験して見つけだしたものなので、初めて挑戦する方の道しるべになると思います。再度まとめておきますね!

コツ 1 バルブを上になるようにタイヤをセットしておく。
コツ 2   バルブの先端の「ネジ」を開けるときは、止まるまで回す。
コツ 3    空気入れのヘッドは、バルブに対して真っ直ぐ、奥まで差す! そのとき、空気が漏れても気にしない!
コツ 4 ヘッドのレバーを倒すことと、ヘッドをバルブから真っ直ぐ引き抜くことは2工程で。あわてず、ゆっくりやりましょう!
以上、4点をあらかじめ知っていれば、あわてずに作業を進めることができると思います。
最初のうちはフレンチバルブに苦手意識があるかもしれませんが、すぐに慣れると思います。空気圧マスターになって、快適・安全なサイクリングを楽しみましょう!
広告
自転車空気入れ
最新情報をチェックしよう!